あっという間

6年間と聞いてあなたが想像するのは、「随分長い期間だなあ」ですか?それとも「対して長い期間なんかじゃないよ」でしょうか?赤ちゃんが誕生してから6年間と言えば、小学校に入ろうとしているまでの間くらいの時間です。そんな風にイメージすれば、確かに長いようにも感じることでしょう。しかし、小学校を卒業してからの6年間と言えば、思っているよりも短く感じる方が多いようで、あっという間だったと感じている方も少なくないようです。成長してからの6年間というものは、思いのほか早いものなのかもしれませんね。

地元の徒歩圏内にある中学校に通学するのと比較して、遥々遠方への通学は過酷であるように想像するかもしれません。毎朝早く起きて家を出る。帰りも毎日遅い日々。そんな毎日が、果たして6年間も続けられるのだろうかと心配する方もいらっしゃるかもしれません。しかし子供は適応能力が高いですから、慣れるまでにそんなに時間は要らないと思います。もちろん、ちゃんと目標を持って進学しなければ過酷な日々を続けることは簡単ではありませんが、本気で勉強するという強い信念さえあれば、周りからの影響を受けながら間もなく慣れてくれるはずです。