運動だって大事!

大切な試験が近くなってくると、運動よりも勉強に力を入れるようになります。それ自体は間違ってはいないと思いますが、全く体を動かさないような生活に切り替えてしまうと、それは良い状態とは言えなくなります。運動をしなくなると、メンタル面で不調を感じる方もいらっしゃいます。また、部屋の中に閉じこもったままの生活が続くようになると、同じように精神的にバランスを崩してしまうこともあります。太陽の光をしっかり浴びながら、生活することも必要なことなのです。
もちろん、勉強せずにスポーツばかりしていたり遊びに出掛けてばかりいたら本末転倒。しかし、運動を上手に取り入れてじっくり学んで行くことが、勉強が長続きするコツなのです。嫌なものばかりを長い間続けられるほど、人間は我慢できる生きものではないのです。

普段の生活は、運動を取り入れ睡眠時間もしっかりと摂ること。睡眠不足が続けば、途端にお子さんは集中力を欠いてしまうかもしれません。低学年なのに夜更かしの習慣が付いているお子さんであれば、早めに規則正しい生活に戻してあげて下さい。そして、バランスの良い食事を心がけること。そんな日々の積み重ねが、健康な体と勉強が頭に入りやすいベースを作っていけるのです。